ストレス解消法@解説NAVI



現代のストレス事情


仕事によるストレスなど、最近はストレスという言葉を良く耳にします。
ストレスは、医学的には、なんらかの刺激が体に加えられた結果、体が
示したゆがみや変調、と定義されます。そして、その原因のことを、
ストレッサーといいます。 ストレスの原因は、大きく分けて、
 ・物理的ストレス=高温や低音による刺激、放射線や騒音による刺激など。
 ・化学的ストレス=酸素の欠乏・過剰、薬害、栄養不足など。
 ・生物的ストレス=病原菌の侵入など。・精神的ストレッサー=人間関係
             トラブル、精神的な苦痛、怒り・不安・憎しみ・緊張など。
この四つになります。

このうち、一般的にストレスとしてあげられるのが、四つ目の精神的なもの
です。特に30〜40代のサラリーマンに多いと言われています。現代の
職場には、ストレスの要因となるものがが数多くあります。IT関連の
進展からくるテクノストレス、職場への不適正からくる過労ストレスなど
の外、最近では仕事の国際化に伴う異文化適応ストレスや、構造的不況の
影響から来るリストラストレス、出向ストレス、失職ストレスなども最近
は新たな社会問題となりつつあります。

また、職場以外でも、パソコンやゲームにはまった結果の不眠ストレスや、
バブル時代に積もった借金の返済ストレス、セックスにまつわるストレス、
潔癖症などの心理的状態に関するストレスなどの増加も指摘されています。
今や、現代のビジネスマンを取り囲む環境で、ストレス事情は極めて複雑化
されているのです。

ただ、ストレスは多すぎても、また、少なすぎてもいけないということが言わ
れます。ストレスが多すぎていけないというのは理解できますが、少なすぎて
いけないというのはどういうことかというと、人間には外部からの刺激が耐え
ず必要であって、これによって心身に張りをもって生きられる、ということ
なのです。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 職場でのストレスが悪影響を
   ★ 原因を知ろう
   ★ 子どもの場合
   ★ もたらされる病気


ストレス関連最新ニュース